合宿ではどんな過ごし方をするのか、大野滑空場の場合を例に説明します。

合宿場によって、宿舎と滑空場の距離などが変わるため、過ごし方は変わります。

 

 

朝6時に起床、6時半に宿舎を車で出発します。

5分ほどでランウェイ(グライダーを飛ばす場所)へ到着します。日の出がきれいです。

 

到着するとまず、グライダーを飛ばすための様々な道具の準備を行います。

人手のいる作業の一つが機体組みです。機体は、夕方に翼を外した状態で収納して、朝組み立てる、というのを毎日繰り返します。

他にも、グライダーを引っ張るための紐(索といいます)や、グライダーを引っ張る機械(ウインチといいます)などの準備を、手分けして行います。

 

8時前に準備が終わり、「訓練開始!」の掛け声に敬礼して、発航が始まります。

十数人で合宿を行い、数機の機体に順番に乗ります。搭乗順は、サブピストという係の人が、その日の天候や風の状態、搭乗者の乗りたい機体などの様々な希望をきき、なるべく効率の良い練習ができるように考えて決めます。

グライダーを飛ばすためにはたくさんの人手が必要です。搭乗していない人は、ランウェイワークといって、発航がスムーズにできるように手伝います。危険を避けるために声出しをしたり、走り回ったりすることも多く大変ですが、広い空の下でたくさんの人と協力してグライダーを飛ばすのは、充実感があります。

 

グライダーは暗くなると飛べないため、日没前、冬では16時ごろに、発航を終えます。

1日お世話になった機体や道具を片づけたり、その日の振り返りをした後、車で宿舎へ戻ります。

 

宿舎へ戻った後、大野滑空場での合宿の時だけですが、みんなで温泉に行きます。晩御飯はスーパーへ買い出しに行き、宿舎で食べます。

ほかの合宿場では、給食のようなご飯を宿舎で食べ、宿舎のお風呂に入ります。

 

夜に行われるミーティングでは、その日の反省をしたり、天候を考えながら次の日の計画を話し合って決めたりします。

 

夜は10時に就寝して、次の日の訓練に備えます。